当院について 当院について

当院について

理事長よりみなさまへ

「地域医療を支える
良質な慢性期医療を提供します。」

理事長 北河 宏之

当院は旧東浦町民の強い要望を受け、平成11年7月の開院以来、淡路島北部の地域中核病院として、住民のニーズにお応えできるように日々努力をしてまいりました。
近年では平成25年10月より神経難病や重度肢体障がい、重度意識障がいの方などが安心して入院治療を受けられるように障害者施設等一般病棟を始動しました。平成26年6月には東浦平成病院新館が完成し、理学療法士 32名、作業療法士 10名、言語聴覚士 7名、鍼灸師 4名、園芸療法士 1名等を擁するリハビリテーション課がフル稼働しております。

また、小児リハビリテーション専用フロアも開設し、言語聴覚士による機能性構音障がいの訓練に加え、感覚統合を用いた全身運動や手や指を用いた作業訓練等総合的に訓練しております。
これにより、早期在宅復帰を可能にする入院リハビリテーションだけでなく、退院後の維持期の外来リハビリテーションや小児のリハビリテーション等もさらに充実し、地域住民のみなさんを包括的にケアさせていただけると確信しております。

地域のみなさんに支えられて、今日まで来れたことに感謝し、担うべき役割を肝に銘じて、みなさんに御恩返しできるよう、全職員と共に努力を続けてまいります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。



院長よりみなさまへ


「西洋医学と東洋医学の
統合医療・全人的医療で
地域の患者様の安心を支えます」

院長 小笠 延昭

当院は淡路島北部にある239床の療養病床中心の病院ですが、実際には急性期から慢性期まで幅広く診療している地域密着型多機能病院です。患者様の殆どが島内で診療を受け治療を完結すると言う医療環境においては病病連携・病診連携が極めて重要であり、この地域連携を我々は最も重視しています。

我々が所属する平成医療福祉グループでは「絶対に見捨てない」医療・介護・福祉を理念に掲げ、各病院が連携する介護・福祉施設と共に、これを堅持して日々の治療に邁進しています。その中でも特に注力しているのがリハビリで、PT・ST・OTの質と数では大病院にも負けないと自負しています。平成28年5月から取り入れているロボットリハビリは当院の自慢の一つで、目を見張る成果を上げてきています。更に力を入れている摂食・嚥下と排泄の機能回復リハビリは、患者様の職場復帰、自宅や在宅系施設への早期退院に大きく寄与しています。また、島内では小児のリハビリ施設は稀有であり、それを担うべく平成26年6月から小児リハビリを始めました。更に一般病院としては珍しい鍼灸師も常勤しています。

私が担当する総合診療科では内科・外科以外にも整形外科・脳外科、泌尿器科等、様々な領域の患者様が受診されますが、一人で複数の科に跨る症状を訴えられる事は珍しくありません。患者様の求めに応じて西洋医学と東洋医学を統合した全人的医療で対応し、可能な限り患者様の治療満足度を上げるよう日々努力しています。また、必要に応じて耳鼻咽喉科、眼科、小児科、整形外科・脳外科の専門外来とも密に連携しています。今後も患者様と共に歩み地域医療に貢献していく所存ですので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
0799-74-0503
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る