外来のご案内 外来のご案内

外来のご案内

外来診察科目のご紹介

内科

高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、胃潰瘍や肝炎などの慢性疾患、そして風邪・腹痛・下痢などの一般救急疾患など専門分野以外にも幅広く診療を行っており、地域のみなさんがもしもの時に頼れる病院として健康をサポートいたします。また、血液内科・腎臓内科・循環器内科・リウマチ内科・消化器内科それぞれの専門医師が他科とも協力し合い、そして連携してさまざまな視点から、痛みや不調の原因を診断し対処法を見つけていきます。体調に変化や不安があるときには、ぜひお気軽にご相談ください。治療はもちろん、治療終了後にも、安心して療養生活が送れるようしっかりと支援いたします。

循環器内科

循環器内科は、血液を循環させる心臓と血管を診る診療科です。あまりなじみのない診療科かもしれませんが、高血圧や動脈硬化、血栓が原因の心筋梗塞など、循環器に関する病気は意外と身近なものです。
主に投薬治療とカテーテルでの手術を行います。カテーテル手術は細い管状の治療器具を使い、脚の付け根や手首などに小さく穴をあけ、血管の中を通って患部を治療する方法です。残る傷跡も小さく、負担も少ないので、心臓病の代表的な治療方法として知られています。

外科・脳神経外科

外科では薬物療法ではなく、手術的な方法によって病気やけがを治療します。当院では一般消化器や外傷を中心に治療を行なっています。
脳神経外科では、主に首から上の外科的治療を要する疾患を診ます。CTやMRなどの画像検査と平衡機能・脳波等の理学的検査を行い、安全な手術を目指します。

整形外科

四肢・脊椎に関する外傷(骨折や捻挫等)並びに、慢性疾患(膝や腰部の痛み等)のすべてに対応しております。痛みを抱えていることは大きなストレスであり、精神的な影響が出ることも少なくありません。整形外科では痛みの原因を正しく診断し、さまざまな対処法の中からその人にあった方法を選択し解決を目指します。もしも、保存的な治療が困難な場合は手術も施行しております。人工関節手術のみならず、日帰り可能な小侵襲手術等も行っております。体の痛みでお困りの方は、ぜひお気軽に当院へご相談ください。一緒に痛みのない生活を目指しましょう。

リハビリテーション科

回復期リハビリテーション病棟を平成18年3月より開設しており、365日間、早朝から夜間まで、集中的にリハビリテーションを実施する事で、患者さんの早期回復・早期退院をサポートさせていただきます。今年、5月末には新館リハ棟を開設し、今まで以上に充実したリハビリを提供していきます。
入院中はもちろんのこと、退院後の継続したリハビリも重要となってくるため、当院ではデイケア、訪問リハビリテーションや外来でのリハビリテーションも実施しております。病気になられたみなさんの「頼りになる杖」となれるようこれからも努力していきたいと思いますので、お気軽にご相談ください

小児科

すべての子どもの病気に柔軟に対応致します。発熱、頭痛、咳、鼻水、腹痛、嘔吐・下痢などの一般的な病気の方や、どこが悪いか分からないけれど、なにか調子が悪いと思うときに受診してください。また、当小児科では小児疾患の各分野において専門性のある医療を提供しています。病気の子どもたちへのよりよい医療、社会の小児医療に対するニーズに応じた医療を行い、子どもたちがより質の高い生活活動が維持できるようになることを目指しております。

水曜日13時から15時に小児循環器外来を行っています。完全予約制となっていますので、まずは電話でのお問い合わせをお願いします。

耳鼻咽喉科

聴く、嗅ぐ、味わう機能を治療・改善し、より快適な生活を送れるようサポートします。
人とのコミニュケーションを楽しんだり、食事を楽しむなど快適な生活を送るために大切な五感のうち耳鼻咽喉科の診療範囲には聴覚・嗅覚・味覚と3つの感覚機能があります。
耳の症状、鼻の症状、のどの症状、味覚、嚥下(えんげ:物を飲み込む動作)、言葉の発生、めまい、顔面麻痺など不快な症状を改善し、皆様の生活がよりよいものであるようサポートします。

眼科

白内障、緑内障、ドライアイ、アレルギー、糖尿病網膜症、斜視、弱視、眼精疲労などの疾患の診察や、メガネ・コンタクトレンズの相談、目の健康診断を、日本眼科学会専門医が行っています。より専門的な治療が必要な疾患に関しては連携病院と連携し、随時紹介しております。糖尿病網膜症、網膜裂孔、緑内障などに対する光凝固術、後発白内障に対するYAGレーザーなどのレーザー治療を行っております。眼はあなたと一緒に一日中働いています。眼に少しでも違和感や異常を感じたら、ぜひご相談ください。

皮膚科

皮膚科は生後間もない赤ちゃんから高齢者の方まで、一度は訪れる機会のある診療科です。どの診療科においても言えることですが、早期発見、早期治療が大切です。もちろん予防も大切です。皮膚の症状で何か気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

心療内科

心身症を中心に、心理的な原因が絡んでいるために、肉体的な医療だけでは治らない領域を診ます。つまり、心身両面からの治療を必要とする内科的疾患を取り扱っていて、よくあるノイローゼや精神病等の精神科的な領域は診ておりません。
例えば、皮膚に関してはアトピー性皮膚炎や円形脱毛症、筋肉や骨に関しては心因性の背痛や、緊張性の頭痛、呼吸器系では喘息や過換気症候群、脳や心臓等では発作性の頻脈、偏頭痛、胃腸系では胃・十二指腸潰瘍、神経性の食欲不振等のいろいろな症状に対応しております。

放射線科

当院の放射線部門では、CR(コンピューテッド・ラジオグラフィー)をはじめ、ヘリカルCT、MRI、乳房撮影装置、骨密度撮影装置、透視撮影台、ポータブル撮影装置、外科用イメージャー等が設置されております。また、PACSの導入による画像データの電子化を行い、すばやい画像提供が出来る事となりました。
また、情報の有効利用、開かれた医療を目指し、オーダリングシステムとPACSをメインとした画像情報システムの構築を基本とした患者さんへのサービスに力を入れております。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
0799-74-0503
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る