部門のご紹介 部門のご紹介

部門のご紹介

看護部

ご挨拶

小林さおり

名前

副部長小林さおり

東浦平成病院は地域支援病院として、外来部門、回復期リハビリテーション病棟、障害者施設等一般病棟、医療療養病棟を有しています。地域の診療所との連携を密にし、救急の受け入れを積極的に行っております。また、急性期治療を終えた患者様の受け入れを行い、在宅復帰に向けての個別性のあるリハビリテーションを提供しております。
平成医療福祉グループ看護部は「さする手、癒す手、つなげる手」という理念を掲げています。東浦平成病院看護部ではこの理念を念頭に置き、急性期医療から在宅医療までの患者様のQOL向上を実現するために、患者様の主体性を尊重した看護を実践できるよう取り組んでおります。患者様に寄り添い、心と心・手と手の温もりを感じられるやさしさ、豊かな感性、広い視野を持った人材育成をし、患者様に満足のいく看護が提供できるよう努めています。
また、現任教育としてeラーニングの導入や看護部の全体研修、新人教育・中途採用者教育のプログラム作成、看護学生の実習受け入れも行っており、新しい教育体制を構築しているところです。今後も色々な取り組みをもとに、看護師一人一人が日々成長し、地域の皆様に愛され信頼される看護が実践できるよう努力していきたいと思っております。

看護部理念

「支える心、癒す手、つなげる手」

  1. 急性期医療から在宅医療までの患者様のQOL向上を実現するため、患者様の主体性を尊重した看護・介護を実践する
  2. 看護の継続性を考え、組織及び地域との密な関係を持ち連携を図る。
  3. やさしさ、豊かな感性、広い視野をもった人材を育成し、科学的根拠に基づいた看護を提供します。

看護部基本方針

  1. 患者様の権利を尊重し、個別性のある看護・介護を行ないます
  2. PDCAサイクルを推進し、看護・介護の安全性、効率性を高めていきます
  3. 職業人としての役割と責任を自覚し、看護・介護の質の向上を図ります
  4. 各部署との連携を密にした看護・介護を実践します


特定行為研修 修了看護師

厚生労働省により2014年6月「特定行為に関わる看護師の研修制度」が創設されました。特定行為研修修了看護師とは、医師または歯科医師の指示の下、あらかじめ作成された手順書により患者さんの状態に応じて、気管カニューレの交換、褥瘡の処置(陰圧閉鎖療法や血流のない壊死組織の除去)等の一定の診療補助を行うことができ、慢性期病院におけるチーム医療に大きな貢献が期待できます。



当院の特定行為研修修了看護師




日本のさらなる超高齢化に向けて看護師の役割はますます重要となっており、淡路島内の当院及び系列グループにいる4名の特定行為研修修了看護師は、医師や他職種と連携しながらチーム医療のキーパーソンとして貢献できるよう活動しています。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
0799-74-0503
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る